createObjectURL

2013/06/02 21:30

createObjectURLメソッドが気になって調べてみました。
一言で言うと 「引数に指定されたFileオブジェクトのURLを返す」 です。

構文

objectURL = window.URL.createObjectURL(file);
  • objectURL : FileオブジェクトのURL
  • file : 取得する対象Fileオブジェクト

サンプル

Fileインプットで指定されたファイルのURLを取得します。
使用した後は revokeObjectURLメソッド で削除した方がいいみたいです。



実行結果

URLを何に使うの?

取得したURLは主に画像や音声を表示するために使用します。
テキストファイルなら下記みたいにFileReaderを使用して中身を取得することもできます。



実行結果

あとはWebRTCでストリームを渡すこともできます。
参考

総括

createObjectURLは基本的にファイルオブジェクトを使用する際に使用します。
javascriptからファイルを扱う際には必ず出てくるキーワードなので押さえておくことが大事だと感じました。

参考